債務整理とクレジットカードには何の関係があるのか

クレジットカードの利用も立派な借金

借金をする方法はたくさんあります。消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを利用する方法もありますし、質屋でお金を借りるなんて言う方法もありますね。

 

 

クレジットカードの利用も厳密には「借金」

一般的にあまり認知されていないかもしれませんが、クレジットカードの利用も厳密にいうと「借金」です。

 

クレジットカードをショッピングで利用する際、カード利用者は商品の代金をクレジットカードで支払います。クレジットカードでの決済が完了すると、お店の人がクレジットカード会社に連絡をして、商品の代金をクレジットカード会社に請求します。

 

クレジットカード会社はこの時点では利用者の代わりにお金を立て替えている、というスタンスになります。1か月後や2か月後になって、クレジットカード会社が利用者に対して利用代金の請求をしてお金が手に入ったら、完結というわけです。

 

クレジットカードを使ってショッピングをしていると、一時的にではありますがカードの利用者はクレジットカード会社に対して借金をしているような扱いとなります。住宅ローンやマイカーローンでは、住宅や車を担保として設定することによって高額の融資も可能にしているわけですが、クレジットカードのショッピングに関しては、購入した商品が「担保」のような扱いとなるわけです。

 

ただし、食品を購入した場合は食べてなくなってしまいますし、入場料金などのサービス代金はそもそも形がありませんので、ほぼ有名無実化していますが。

 

キャッシングが債務整理の対象となりやすい

普通のクレジットカードを利用していてショッピングをしている分には、カード利用者は商品代金以外のお金をお店やカード会社に支払うことはありません。クレジットカード会社はお店から手数料を徴収することで利益を得ているのです。

 

ショッピングに関してはさほど債務整理の可能性を考えなくてもいいのですが、問題はキャッシングです。ショッピングでは有名無実化しているとはいえ、担保が設定されているのですが、現金を融資するだけのキャッシングについては設定できる担保がありません。

 

また、間に店が入るショッピングとは異なり、キャッシングは利用者とカード会社の直接取り引きのようなもの。リスクもより高くなりますので、カード会社はキャッシングに対しては高い金利を設定しており、この高金利が返済に苦しむ要因となって債務整理を依頼する人が増えているのです。

 

カード破産などといった言葉があるように、使いすぎるとクレジットカードが払えない状態に陥る場合があります。そうならないためにも、カードを使う際には計画的によく考え、無理のない範囲としておくべきなのです。

 

支払いができないとどうなるのか

長期に渡ってカードの支払いができない状態が続くと、普段の催促の連絡とは別に督促状が届く場合があります。督促状はいよいよ危険な状態とも言え、そのままにしておくと裁判となり、それでもそのままにしておくと強制執行による差し押さえとなる可能性もあります。

 

督促状が届いた際には、それまでの催促や支払いを促す通知で変に慣れてしまっているため、放置をしてしまう方もいます。しかし、督促状が届いてそのままにするのは非常にリスクが高いので、絶対にそのままにはしないようにしましょう。

 

支払いができずに督促状が届いた、それでもどうすれば良いのか分からない方は、こちらの支払督促が届いた場合の対処法を見ておきましょう。